お盆

お盆の迎え火と送り火は何時頃するとよい?

投稿日:2019年5月11日 更新日:

ご先祖様の霊をあの世から
迎えるためにやるのが迎え火。

あの世へ帰る時にやるのが送り火になります。

お盆初日の13日とお盆最終日の16日に
それぞれやっておきたいことになりますが

迎え火や送り火は何時頃すると
よいものなのでしょうか?

いつでもいい?それとも時間は決まってる?

迎え火と送り火をやる時間帯に
ついて紹介していきます。

関連コンテンツ

お盆の迎え火と送り火は何時頃するとよい?

~時間は決まってる?~
迎え火と送り火はそれぞれ
何時頃にやるという

決まった時間はありませんが
夕方頃にやるのが一般的です。

なので何時頃にやるべきか
悩んだときは夕方に済ませておきましょう。
 

~迎え火と送り火のやり方~
家の門口や玄関に焙烙(ほうろく)
と呼ばれる素焼きの平たく浅い土鍋を置き

その上にお祭りの松明などに活用される
オガラを折ったものを積み重ねて火をつけます。

地域によってはオガラの代わりに
麦藁を使用したりする場合もありますが

これが一般的な迎え火、送り火の
やり方になります。

スポンサードリンク

迎え火、送り火に使用する焙烙やオガラはどこで買える?

~オガラが買える場所~
おがらは花屋さん、ホームセンター。
仏壇、仏具専門店で販売されています。

お盆シーズンになるとスーパーで
取り扱うこともあります。

値段も200円~300円くらいと
そこまで高いものではありません。
 

~焙烙が買える場所~
焙烙はオガラと比較して
売っているお店が少ないので

通販で買ってしまうのが手っ取り早いです。

現在はわざわざ焙烙を用意しなくても
耐熱の平皿を代用することもあります。

スポンサードリンク

マンションやアパートの場合はどうやって迎え火と送り火をする?

マンション、アパート暮らしの場合は
どうしても玄関前に火を焚いておくのが
難しい場合もあると思います。

そんな時は盆提灯の明かりを
迎え火、送り火の代わりにしましょう。

盆提灯は電池で明かりが灯るものも
最近では多数販売されているので

それを使用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

Q:お盆の迎え火と送り火は何時頃するとよい?
A:明確に時間は決まっていないが
夕方頃にするのが一般的。

迎え火も送り火も明確に何時頃にするもの。
という決まった時間はありませんが

夕方頃にしている家庭が多いので

何時でしてよいかわからない場合は
夕方頃に済ませておきましょう。

焙烙がどうしても手に入らない場合は
耐熱の平皿で代用していきましょう。

-お盆
-

執筆者:

関連記事

お盆の墓参りでやることは何?準備しておきたいものはある?

「お盆だし墓参りしないとなー・・・」 夏の長期休暇お盆休み。 都心から地元へ帰省する人もいますね。 お盆休みにすることと言えば墓参りですが どんなことをやるとよいのでしょうか? 今までは親についていく …

お盆玉年齢で金額は変えるべき?相場はどれくらい?

「年齢で金額は変えた方がいいのかな?」 お盆にあげるお年玉的なもので最近は お盆玉というものがあるようです。 実家帰りをして可愛い親戚の子供達に お小遣いをあげる人もいると思います。 そんなお盆玉です …

お盆休み最終日の過ごし方は?何をするとよい?

「今日でお盆休み終わりかあ・・・」 夏にやってくる長期休暇お盆休み。 会社によっては休みは変わりますが 1週間以上休みがある人もいます。 どんな長い休みでも いずれ終わりがくるもの。 休みで過ごす数日 …

お盆親戚回りっていつする?服装はどうしてる?

お盆期間にやっておきたいことの 1つに親戚回りがありますね。 これから末永く付き合って行く人たちなので 挨拶は大事になってきます。 そんな親戚回りですがお盆期間の場合 いつするとよいのでしょうか? 初 …

お盆で宅配便は休みになる?荷物の配送が遅延する理由は?

お盆期間中に通販で物を購入すると 配達日が遅延します。 お盆期間中にどうしても欲しいもので あった場合はこれでは困りますよね? 何故お盆期間中は配送が遅延してしまうのか? 宅配便が休みになるからなのか …

サイト内検索バー