お盆

お盆のお供えに白玉団子を供えるのはなぜ?理由はある?

投稿日:2019年5月10日 更新日:

お盆のお供えとして使用される「白玉団子」

お供え物は家庭や宗派によって
若干の違いは出てきますが

白玉団子をお供えしている
家庭はよく見かけます。

そんな白玉団子ですが
なぜお供えに白玉団子なのでしょうか?

お供えに使用される理由に
ついて紹介していきます。

関連コンテンツ

お盆のお供えに白玉団子を供えるのはなぜ?理由はある?

お盆にお供えする白玉団子は
ご先祖様があの世に持って帰る
お土産としてお供えされています。

これは送り団子とも言われています。

本来は白玉で無くてもよいのですが
いつの頃からかお月見団子と重なって

白玉団子で無ければダメ。
と、思っている人が多くなったことで

何も味付けされていないものを
飾るのが一般的になりました。
 

あの世へ戻るご先祖様のために
お土産となるものを準備するという

優しい気持ちが込められたものになっています。

スポンサードリンク

白玉団子以外のお供えは何を準備するといい?

宗派によっては迎え団子として
タレ、あんこの団子を13日にお供え。

14日におはぎをお供え。

と、決まったものを日にちよって
お供えする場合もありますが

それ以外のお供えに関しては
日持ちするお菓子、果物などを
お供えするのが一般的です。

お供えは最終的に家族みんなで
食べることを考えると

自分たちが食べやすいものを
お供えするのがよいでしょう。

食べ物以外にも仏壇へお供えする
お花も新しいものを準備しておきましょう。

スポンサードリンク

お盆のお供えはいつまで飾るべき?

お盆期間は8月13日~16日までなので

遅くとも13日にはお供えを
飾るようにしておきましょう。

日持ちするものであれば
若干早めに飾り付けておくと
お盆当日の負担が少なくなります。

お供えを片づけるのは
お盆期間が終了する17日以降になります。

果物をお供えしている場合は
できるだけ優先で片づけて

鮮度が悪くならないうちに
お下がりとして頂きましょう。

スポンサードリンク

まとめ

Q:お盆にお供えに白玉団子を供えるのはなぜ?
A:ご先祖様があの世へ戻る時に
持って帰るお土産として飾る。

これは送り団子と言われていて
16日にお供えするものになります。

白玉団子が一般的になっていますが
味付きのものでも問題ありません。

お盆最終日にご先祖様が持って帰る
お土産として準備しておきましょう。

-お盆
-,

執筆者:

関連記事

お盆きゅうりとなすに木の棒を刺したアレって何か意味あるの?

お盆の販促などで見かける きゅうりとなすに木の棒を刺したアレ。 一度は見かけたことがある人も 多いのではないでしょうか? お盆期間になるとさっそうと現れ それ以外では全く姿を見せないアレ。 アレって何 …

お盆に墓参りをするのはなぜ?理由はある?

日本で古くから行われている「お盆」 ご先祖様の霊がこの世へ帰ってくる 時期とも言われています。 そんなお盆でやることの1つに墓参りですが なぜお盆に墓参りをするのでしょうか? お盆に墓参りをする理由を …

お盆の手土産にのし紙は必要?無くても大丈夫?

お盆期間は親戚へ挨拶周りをしたり 実家へ帰省する人もいますが その時に必要になるのが手土産です。 手ぶらで挨拶に行くのも なかなか気まずいので 何かしら準備をしてから 帰省する人も多いと思います。 そ …

お盆休み最終日の過ごし方は?何をするとよい?

「今日でお盆休み終わりかあ・・・」 夏にやってくる長期休暇お盆休み。 会社によっては休みは変わりますが 1週間以上休みがある人もいます。 どんな長い休みでも いずれ終わりがくるもの。 休みで過ごす数日 …

お盆に海に入ってはいけないと言われてるけど理由ってあるの?

「お盆に海に行ってはいけないよ」 子供の頃に何気なく両親、祖父母から 言われてきた言葉。 子供頃は両親、祖父母の言う事を よく聞いていたので何気なく 言いつけを守っていました。 しかしお盆が終わっても …

サイト内検索バー