お中元

お中元とお歳暮値段相場は同じでもよい?

投稿日:2019年4月17日 更新日:

日本で行われる風習に
お中元とお歳暮がありますね。

お中元は夏に、お歳暮は冬に
品物を贈る風習になっています。

それぞれ品物を贈る風習ですが
値段相場は同じでもよいのでしょうか?

もしどちらかを重視するとしたら
どちらの値段を上げるべきなのでしょうか?

気になるお中元、お歳暮の値段相場の
悩みを解決していきましょう!

関連コンテンツ

お中元とお歳暮値段相場は同じでもよい?

「お中元は夏のご挨拶。」
「お歳暮は今年1年間お世話になりました。」

という意味合い品物を贈ります。

1年間の感謝の気持ちを込めて
品物を贈る風習ということで

お中元よりもお歳暮の値段を
上げて贈るという人もいますが

値段相場に関しては同じくらいでも
特に問題ありません。
 

お中元、お歳暮の一般的な相場はだいたい
3000円~5000円くらいなので

これが守れていれば値段で
トラブルになることは無いでしょう。

スポンサードリンク

お中元とお歳暮でこれは高すぎる!と思える値段はどれくらい?

3000円~5000円くらいが
お中元、お歳暮の相場になりますが

高すぎる!と思える値段は
だいたい1万円超えになります。

良いものを贈りたいと思っていても
お中元、お歳暮の値段相場として

1万円を超えてしまうものは
相手に贈らない方がよいでしょう。

スポンサードリンク

お中元とお歳暮で避けた方がよい品物はある?

~避けた方がよいもの~
実用的な品物であったとしても
避けた方がよいものがいくつか存在します。

靴、マット、スリッパ
靴下、肌着、はさみ、刃物は

お中元、お歳暮に贈る品物では無いので
避けた方がよいでしょう。
 

靴、マット、スリッパは
踏みつけることを連想されるものだから。
 

靴下、肌着に関しては
これらを贈ることで相手に対して

「みそぼらしい格好をしている。」
という意味で捉えられるから。
 

はさみ、刃物に関しては「縁を断ち切る」
という意味で捉えられるから。
 

これが贈ってはいけない理由になります。

気にしない人もいますが
これらはお中元、お歳暮でもらって
さほど嬉しいものとは言えないので

贈るのであれば別の品物がよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

Q:お中元とお歳暮値段相場は同じでもよい?
A:同じでも大丈夫です。

「今年1年間お世話になりました。」

という意味が込められている
お歳暮の値段を若干上げている人もいますが

一般的な相場を守っているなら
同じ値段でも大丈夫です。

3000円~5000円くらいの
品物を贈っているのであれば

値段でトラブルになることは無いでしょう。

-お中元
-,

執筆者:

関連記事

お中元のお返し業者からもらった場合も必要?

日本で夏に行われる風習の1つ「お中元」 日頃付き合いがある上司、親戚、家族などへ 感謝と健康を気遣う気持ちを込めて 品物を贈る風習になっています。 そんなお中元ですが業者から 品物が贈られてくる場合も …

お中元友人同士でも必要?贈るならどんなものがいい?

上司、会社の取引先、親戚、家族など 多数の関係者とやり取りする「お中元」 日本で行われる夏の風習の1つになります。 そんなお中元ですが友人同士でも お中元は必要なのでしょうか? わざわざ贈る必要は無し …

お中元を上司に贈る場合相場はどれくらいにするべき?

「上司へのお中元ってどれくらいにする?」 お中元を贈る時に悩みがちになる 問題の1つに金額相場があります。 普段お世話になっている人なので 安過ぎるものを贈っても失礼ですし 高いものを贈るのも 相手に …

お中元にそうめんはいらない?贈るなら別の物にするべき?

お中元に贈る物の定番品として 名前があがる「そうめん」 一度は贈ったことがある人も 多いのではないでしょうか? 定番品と化したそうめんですが 一方で「いらない」という意見も見かけますが お中元にそうめ …

お中元は早割で買った方がいい?いつから始まりどれくらい安くなる?

最近ではお中元ギフトに 早割がある場所が増えてきました。 早期に購入することで 値段が割引されるサービスで。 お中元以外でも様々なものにあります。 値段が安くなるサービスということで お中元は早割で買 …

サイト内検索バー