お中元

お中元は何を贈るべき?おすすめはある?

投稿日:2019年4月5日 更新日:

日本で古くから行われている
風習の1つであるお中元。

日頃お世話になっている方や
目上の方に向けて感謝の気持ちと
健康を願うを気持ちをあらわすために

品物を贈る風習になっています。

お中元を贈る際に悩みがちになるのが
「何を贈るべきか?」という点。

贈るのであればできるだけ
喜ばれるものを贈りたいですが

おすすめはあるのでしょうか?

関連コンテンツ

お中元は何を贈るべき?おすすめはある?

お中元は夏に贈るものなので
暑い日にもらって嬉しいものを
贈るのがおすすめになっています。

例をあげるとビールやジュースなど
冷やすと更に美味しく飲める飲み物類。

暑い日に食べたくなる
アイスクリームなどがおすすめです。
 

飲み物は賞味期限が長く
長期保存できるものになっているので

もらって困るということは無いでしょう。

また切るだけですぐに食卓に出せる
ハムギフトも人気が高く

ハムが嫌いな人で無ければ
ハムを贈ってみるのもよいでしょう。

食べ物は調理が必要な物よりも

すぐに食べられる物の方が
もらって嬉しいという人が多いです。

スポンサードリンク

お中元の相場、値段はどれくらいにするべき?

お中元の相場はだいたい
3000円~5000円くらいです。

高過ぎず、安過ぎずくらいの値段なので

どれくらいのものを贈るか悩んだ時は
この金額相場を目安に

お中元を選んでいきましょう。
お中元を贈る場合は量にも注意したいところ。

家族の人数が多い場合は量も多めに。

少ない場合は贈る量を少なくして
商品の質を高めたものを贈ると
喜ばれやすいです。

スポンサードリンク

お中元はいつまで贈るべき?

地域によって違いがあり
関東・東北・北陸であれば

7月1日~7月15日の間に。

北海道・東海・関西・中国・四国は
7月中旬~8月15日までに。

九州の場合は8月1日~8月15日までに
贈るのがよいとされています。
 

もしこの期間に間に合わない場合は
お中元では無く、残暑見舞いとして
品物を贈るようにしましょう。

関東・東北・北陸の場合は
7月16日~8月7日頃までを暑中見舞い。

それ以降を残暑見舞いとして
贈るようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

Q:お中元は何を贈るべき?おすすめはある?
A:ビールやジュースなど冷やして美味しい飲み物。
もしくは暑い日に食べたくなるアイスクリーム。

これらを贈るのがおすすめです。
金額は3000円~5000円くらいが目安。

高過ぎず、安過ぎずな値段なので
お中元に適した金額になっています。

-お中元
-,

執筆者:

関連記事

お中元の使い回しはやってもいい?それともやめるべき?

「バレなきゃ大丈夫じゃない?」 「えー・・・でもそれはマズイんじゃ・・・」 夏に行われる風習の1つに お中元がありますね。 お世話になっている人や 友人、親戚、家族などへ 品物を贈る風習になっています …

上司のお中元に洗剤は失礼?別の品物を贈った方がいい?

「上司へのお中元、洗剤でいいかな?」 日本の夏で行われる風習の1つに お中元がありますね。 友人や親戚以外にも会社でお世話になっている 上司へお中元を贈る人も多いと思いますが 実用的な品物であっても …

お中元は何歳から贈るもの?年齢に決まりはある?

「お中元って何歳から贈るもの?」 日本で夏に行われている風習「お中元」 現代になって減少傾向ではありますが それでもまだまだやり取りをしている人は 少なく無い風習になっています。 そんなお中元ですが何 …

お中元を上司に贈る場合相場はどれくらいにするべき?

「上司へのお中元ってどれくらいにする?」 お中元を贈る時に悩みがちになる 問題の1つに金額相場があります。 普段お世話になっている人なので 安過ぎるものを贈っても失礼ですし 高いものを贈るのも 相手に …

お中元友人同士でも必要?贈るならどんなものがいい?

上司、会社の取引先、親戚、家族など 多数の関係者とやり取りする「お中元」 日本で行われる夏の風習の1つになります。 そんなお中元ですが友人同士でも お中元は必要なのでしょうか? わざわざ贈る必要は無し …

サイト内検索バー