お正月

お正月のお雑煮はいつ食べる?日にちに決まりはある?

投稿日:2018年12月31日 更新日:

醤油や味噌などで味付けした汁に
お餅を入れて食べるお雑煮。

頻繁に食べる人は少ないですが
1年に1度は食べる人は多い食べ物です。

そんなお雑煮ですが
いつ食べるとよいのでしょうか?

お正月期間に食べるものとして
定着化しているお雑煮ですが

正式に「いつ食べるもの」なのか
決まっている食べ物なのでしょうか?

関連コンテンツ

お正月の雑煮はいつ食べる?日にちに決まりはある?

~雑煮っていつ食べる?~
正式に「何日に食べる」という
決まりは無いですがお正月に食べるもの。

ということで元日の朝~1月3日の間で
食べる人がほとんどになっています。

食べる回数に関してはそれぞれ違いがあり
元日の朝に食べればそれ以降は食べない人もいれば

元日~1月3日まで3日間食べるという人もいます。

夜に食べる人は少なく、朝~昼にかけて食べるもの
というイメージが強い食べ物になっています。

スポンサードリンク

お雑煮はいつから食べられていたもの?

お雑煮が誕生したのは室町時代
と、言われていますが

民間に広まったのは江戸時代ごろです。

尾張藩を中心とした東海地方から
全国へ広まったと言われています。

餅、野菜、乾燥食品などを入れて
一緒に煮込んだものが一般的ですが

同じ県でも地域によって
具材、餅の形、味付けまで変わります。

元日と2日目で味付けを変える地域。
餅を入れないお雑煮もあり

一つの形にとらわれないところが
お雑煮文化の面白さになっています。

スポンサードリンク

お雑煮の具材は何を入れる?我が家の具材はコレ

地域によって様々具材に
違いがあるお雑煮ですが

我が家のお雑煮はだし醤油で汁を作り
その中に山菜ミックスを入れたものを
お雑煮として食べています。

自分が住んでいる地域では
鶏肉を入れたりするのが一般的なのですが

それ以外は何も入れていません。

山菜ミックスを使用すると
野菜を切る手間も無いので

前日に用意しなくても元日の朝で
簡単に準備することができます。

あとはこれに餅を入れれば完成です。

餅は今までは網で焼いていましたが
最近はすっかり電子レンジを使用しています。

スポンサードリンク

まとめ

お雑煮を食べる日にちは
正式な決まりはありませんが

元日の朝~1月3日にかけて
食べる人がほとんどです。

いつ食べるか悩んだときは
元日の朝に食べれば間違い無いでしょう。

室町時代には存在していたと
言われているお雑煮ですが

民間に広まったのは江戸時代ごろから。

東海地方を中心に全国へ
広まった食べ物でした。

-お正月
-,

執筆者:

関連記事

年明けうどんはいつ食べる?具材は何を入れるべき?

「年明けうどんっていつ食べるの?」 12月31日に食べるもの。 と言えば年越し蕎麦ですね。 年末に自宅でゆっくりしながら 蕎麦を食べる人も多いのではないでしょうか? では年明けうどんは いつ食べるとよ …

七草粥はなぜ食べる?理由と食べられるようになったのはいつから?

1月7日は七草ですね。 セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ ホトケノザ・スズナ・スズシロ。 これらを白粥に入れて1月7日に 食べる行事になっています。 昔から行われている七草ですが なぜ七草粥は食べられ …

鏡開きの日にカビが生えた鏡餅削ってでも食べるべき?それとも捨てる?

「うわあ・・・カビ生えちゃったなあ」 「でも削れば何とか食べられるかな?」 神様に飾った鏡餅を食べる行事、鏡開き。 日本で古くから行われている行事の1つです。 お正月前に飾った鏡餅ですが 鏡開きの時に …

お正月に食べるものといえば何?決まったものはある?

1年の始まり、お正月。 仕事が休みになる人も多く 地元でのんびりしている人も いるのではないでしょうか? そんなお正月に食べるものといえば どんなものがあるのでしょうか? 決まったものはある? お正月 …

三日とろろとはどんな風習?発祥となった場所はどこ?

1月に行われる行事で「三日とろろ」 と、呼ばれるものをご存知でしょうか? 一部地域で行われた風習でしたが 最近では全国的にも名前を見かける 機会が出てきた風習の1つです。 ではこの「三日とろろ」とは …

サイト内検索バー