料理

卵を使わずにらを美味しく食べる簡単な調理方法

投稿日:2018年12月29日 更新日:

「最近、にらにハマっててさー
いい調理方法を探してるんだけど・・・」

「おすすめのにら料理って全部卵入りだよねw」
 

「・・・確かに!!」
 

スーパーでは季節に問わず
取り扱いがある野菜「にら」

安い時は1把100円もしないので
食卓に並ぶ機会も多いのではないでしょうか?

にら料理のおすすめを探してみると
卵が使われることが多く

卵はちょっと控えたいなあーと思った時に
どうやって調理をしたらいいのか

悩みがちになる野菜になります。

今回は卵を使わなくても美味しく食べれる
簡単な調理方法を紹介していきます。

関連コンテンツ

卵を使わずにらを美味しく食べる簡単な調理方法

にら玉、ニラスープなど卵が
使用されることが多いにらですが

簡単に美味しく食べるのであれば
シンプルに「にら炒め」を作ってみましょう。
 

~作り方~
・にらを洗って食べやすい大きさに切る。
・フライパンにごま油を入れて中火で炒める。
・味付けは中華味と塩こしょうを使用します。

やりそうで意外とやらない
にらオンリーのシンプルなもの。

おつまみ、付け合わせにも使えるので
どうしてもいい調理法が思いつかない場合は
にらだけ食べてちゃうというのもよいでしょう。
 

~何か一品加えたいと思ったら~
にらだけだとちょっとなあ・・・
と、思った人は何か一品加えてみましょう。

値段が安いことも多い茸、えのきがおすすめです。

エノキとにらを食べやすい大きさに切って
耐熱容器に入れて500Wで2分ほどレンチン。

レンチンしたものを醤油、ゴマ油で
味付けして完成です。

こちらも手軽にできるにら料理になります。
 

~肉を入れるならやっぱり・・・~
にらと言えばレバーがセットでついてきますが
クセがあるのでどうしても食べにくくなります。

食べやすさを重視するなら
豚の小間切れを入れるのがおすすめです。

にら1把に対して豚肉は100g程度でOK。
肉が多くなりすぎないようにしましょう。

豚小間、にら、もやしを合わせた
炒め物もご飯がよく進むいい料理になります。

炒める時は豚肉⇒にら⇒もやしの順に入れて
醤油、塩コショウで味を整えましょう。
 

以上が卵を使わない簡単なにら料理です。

料理慣れしてない人でも
簡単に作ることができます。

卵が無くても美味しく食べれるにら料理。
にらが安くなってる時に買ってきて

パパっと作ってしまいましょう!

スポンサードリンク

にらの旬っていつなの?選び方ってどうしてる?

年中売ってるのでイマイチ旬を
意識できないにらですが

にらの旬は3月~4月になります。
意外と知らない人も多いのではないでしょうか?

にらは高地で生産しているものが多く
次いで栃木、茨城、群馬、山形と続きます。
 

~選び方ってどうしてる?~
葉の新鮮さを見るのも大事ですが
にらを選ぶ時は切り口も確認して
下が溶けたものは避けるようにしましょう。

先がぐにゃっとしてるもの。
葉が折れているものも避け

緑が濃く、艶があるものを
できるだけ購入しましょう。

スポンサードリンク

にらの健康効果ってどんなものがある?

にらの独特なにおいには血流改善
抗酸化作用があると言われています。

またニンニクに多く含まれる「アリシン」と
呼ばれる成分がにらにも入っていて

疲労回復やスタミナ増強にも
役立つ成分と言われています。

このことからにらはスタミナを付けるための
料理に用いられることが多いです。

しかしアリシンは過剰摂取すると
腸内細菌類を殺してしまい

胃腸障害を引き起こす危険性もあるので
食べる量はほどほどにしておきましょう。

スポンサードリンク

まとめ

卵を使うものが多いにらですが
シンプルに炒めるだけでも美味しい野菜です。

にらが安いなあと思ったら
フライパンにごま油を入れて中火で炒め

中華味や塩コショウで味付けするだけでも
美味しく食べられる野菜です。

肉を入れるならレバーという
イメージも強いにらですが

豚小間とセットで炒めても美味しいです。

レバーよりも圧倒的に食べやすく調理も簡単なので
にらだけでは寂しいと感じた場合は

豚小間を加えてにら炒めを作ってみましょう!

-料理
-,

執筆者:

サイト内検索バー