節分

節分にそばを食べる理由は?いつからあった風習?

投稿日:

2月3日は節分ですね。

節分は鬼を追い払うために豆まきをしたり
最近では恵方巻と呼ばれる太巻き寿司が
食べられるようにもなってきました。

そんな節分ですがスーパーなどへ行くと

そばが節分の関連商品として
販売されていることがあります。

「節分そば」なんて名前も
見かけるようになりましたが

なぜ節分といえばそばなのでしょうか?
いつからあった風習なのでしょうか?

気になる節分にそばを食べる
理由を紹介していきます。

  

関連コンテンツ

節分にそばを食べる理由は?いつからあった風習?

~節分にそばを食べる理由~
節分になぜそばが食べられていたのか?
ということに関してはっきりした理由は
現在でもわかっていません。

今回は諸説あるうちの中から
ピックアップしたものを紹介していきます。
 

~厄払い、清めるためにそばを食べた説~
昔は大晦日と節分、両方で
そばを食べる風習がありました。

大晦日に食べる蕎麦は晦日蕎麦。
節分に食べる蕎麦は節分蕎麦と呼ばれていました。

そばを食べることで厄を払い
身体を清めてから立春を迎えるという
風習が節分そばでした。

立春は冬が終わり、春が始まる
年が改まる日と考えられていたのが

節分にそばを食べる理由は
厄を払い、身体を清めるためだった
とも考えられています。
 

~節分そばはいつからあった?~
節分にそばを食べる風習は
江戸時代後期くらいに

全国へ広まったと言われています。

スポンサードリンク

節分そばを食べる人は現代で多い?

昔は多くの人が食べていたと
言われている節分そばでしたが

現代で節分そばを知っている人は少なく
食べる人は少数派になります。

節分に食べるものに恵方巻をあげる人も多く

巻き寿司と蕎麦で炭水化物が被ることから
蕎麦もセットで食べることは無いというのも

節分そばが食べれない理由の
1つではないか?と思われます。

ですが出雲地方では現在でも
節分そばの風習は強く根付いているので

節分にそばを食べる人も多いです。


スポンサードリンク

節分そばの具材に決まりはある?

節分そばの具材に決まっている
ものはあるのでしょうか?
 

~節分そばの具材~
節分そばにはこれを入れるという
決まったものは特に無いようです。

なので食べる家庭によって
具材の有り無しが変わったと思われます。

好きな具材があるならそれを入れて
節分そばとして食べるのがよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

節分にそばを食べる理由は
現在も明確にはわかっていませんが

江戸時代後期に立春の前日にそばを食べ
厄を払い、体を清める節分そばという
風習があったので

これが節分にそばを食べる理由に
なったのではないか?と言われています。

現代では節分にそばを食べる人は
少数派になりますが出雲地方では

現在でもそばを食べる人が多いようです。
具材は特に決まったものは無いので

節分そばを食べる場合は自分が好きなものを入れて
食べるのがよいでしょう。

-節分
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豆まきは何時頃するべき?まく時の注意点は?鬼役は誰がする?

2月3日は節分ですね。 豆まきをしたり恵方巻を食べたりなど 家族みんなで楽しむ人も多い 年中行事になっています。 そんな節分ですが豆まきをする場合は 何時頃にするとよいのでしょうか? 遅い時間にやって …

恵方巻ダイエット中の時は食べない方がよい?ガマンするべき?

2月3日は節分。 節分の日は豆まきをしたり恵方巻を食べたりと 楽しみにしている人も多い年中行事ですよねー 最近ではよく食べられるようになった恵方巻。 普段であれば楽しみですが ダイエット中だった場合は …

恵方巻と太巻き寿司は何が違う?わかりやすく紹介!

「何が違うんだろう・・・」 節分の日に食べるものとして すっかり定着したように思える恵方巻。 2月3日には買って食べたり 手作りする人もいると思います。 そんな恵方巻。 太巻き寿司と何が違うのでしょう …

節分豆のカロリーはいくらある?食べる量はどれくらいがよい?

「節分豆のカロリーはどれくらい?」 「あー・・・いくらあるんだろうねえ?」 節分の豆まきにも使用される節分豆。 福豆という名前で販売されている場合もあります。 節分に食べるものとして 欠かせられない節 …

節分豆まきで使った豆が余った場合はどうする?捨ててもよい?

「うわ・・・余ったなあ、どうしよう」 2月3日は節分。 毎年家族揃って豆まきをする。 という人も多いと思います。 最近では恵方巻と呼ばれれる 太巻き寿司を食べるという人も増えています。 節分が終わった …

サイト内検索バー