節分

節分で落花生をまく地域はどこ?なぜまかれるようになった?

投稿日:

2月3日は節分ですね。

豆まきをしたり恵方巻を食べたりと
今現在でも日本で多くの人が行っている
年中行事になっています。

節分の豆まきといえば炒った大豆
福豆が一般的に使用されていますが

地域によってはなんと落花生が
豆まきに使用されている場所があります。

主にどこの地域で節分に
落花生をまくのでしょうか?

なぜ落花生は節分でまかれる
ようになったのでしょうか?

  

関連コンテンツ

節分で落花生をまく地域はどこ?

大豆では無く節分の豆まきに
落花生をまく地域はどこでしょうか?
 

~節分で落花生をまく地域~
節分で落花生をまく地域は
主に北の方、北海道でまかれています。

北海道だけでなく東北。
新潟、長野でも大豆の代わりに

落花生が豆まめきに
使用されることが多いです。
 

南の方になると鹿児島、宮崎でも
少数派ですが落花生をまく家庭もあります。

スポンサードリンク

なぜ落花生がまかれるようになった?理由は?

なぜ大豆では無く落花生が
まかれるようになったのでしょうか?

これには理由があるのでしょうか?
 

~落花生がまかれる理由~
落花生が豆まきに使われ始めたのは
明確に分かっていませんが

昭和30年~40年代頃から
落花生が使われていたという説があります。

北海道、東北など雪が多い地域になると
まいた豆が雪で埋もれてしまうので

雪でも豆が見つけやすいように

落花生がまかれたのではないか?
と考えられています。


スポンサードリンク

落花生は豆まきに向いてる!?落花生をまくメリット

炒った大豆、福豆を豆まきに
使用するのが一般的ですが

落花生は豆まきに適した
ものになっています。

落花生を豆まきに使用するとよい
メリットを紹介していきます。
 

~落花生をまくメリット~
落花生は見つけやすいと同時に
拾いやすいものになっています。

大豆と違い掃除するのが簡単で
落花生をまくメリットの1つになります。

落花生は殻付きなので
床に落ちてしまったものでも

殻を割って中の豆を食べることができるので
わざわざまいた豆を捨てる必要もありません。

これも落花生をまくメリットの
1つになると言えるでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

節分で落花生を豆まきに使用するのは
主に北海道、東北など北の方の地域になります。

いつ頃から豆まきに使われたのかは
明確にわかっていませんが

昭和30年~40年頃ではないか?
と一説で言われています。

雪の中でもまいた豆が拾いやすい。

地面に落ちても殻を割って
中の豆を食べることができる。

大豆の代わりに豆まきに使用されたのは
このような合理的な理由からではないか?
と考えられています。

-節分
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分に豆まきしなくても大丈夫?食べるだけでもよい?

2月3日は節分ですね。 豆まきをしたり最近では恵方巻を 食べたりする人も増えてきた年中行事です。 節分といえば豆まきですが 豆まきをせずに豆だけ食べる というのは大丈夫なのでしょうか? 豆をまかないこ …

恵方巻の値段相場はどれくらい?買うならどこにする?

節分に食べるものとして すっかり定着した恵方巻。 スーパー、コンビニ、最近では 回転寿司でも手に入れることができます。 そんな恵方巻ですが値段は どれくらいするものなのでしょうか? 買うならどこの恵方 …

節分にひいらぎいわしを飾る意味はある?いつまで飾るとよい?

節分にいわしの頭をひいらぎに刺した ひいらぎいわしを玄関に飾っておくとよい。 そんな風習が伝わっていますね。 自分が住んでいる地域では あまりやられていなかった風習だったので イマイチ馴染みが無いので …

恵方巻丸かぶりしないで食べる人って多い?やってる人はいる?

「恵方を向いて丸かぶり!」 2月3日の節分に今年の恵方を向いて 恵方巻と呼ばれる太巻き寿司を 丸かぶりにするとご利益がある! ・・・という風習が いつの間か全国的に定着しています。 しかしこれって実際 …

節分にロールケーキを食べる由来は?実際に食べる人は多い?

2月3日は節分ですね。 日本でも古くから行われている年中行事で 豆まきをしたり最近では恵方巻と呼ばれる 太巻き寿司を食べる人も 増えてきています。 そんな中スーパー、コンビニへ行くと 節分の関連品で何 …

サイト内検索バー