初詣

初詣で甘酒はいつまで飲める?運転する人が飲んでも大丈夫?

投稿日:

初詣の時に神社などで振る舞われている
飲み物といえば甘酒ですね。

寒い身体を温めるのに
ちょうど良い飲み物になっています。

そんな甘酒ですが振る舞われるのは
いつまでになるのでしょうか?

気になる甘酒が飲める期間を
紹介していきます。

  

関連コンテンツ

初詣の甘酒はいつまで飲める?

初詣になると振る舞われる甘酒。
いつまで飲めるのでしょうか?
 

~甘酒はいつまで飲める?~
初詣に振る舞われる
飲み物として定番な甘酒ですが

全ての神社でやっているわけでは無いので
神社ごとで振る舞われる期間が違います。

期間が長いところだと1月3日まで。
三が日まで行われています。

神社によっては1月1日まで。

3000杯限定など明確に
数が決まっているところもあります。

天候が悪いと中止になることもあります。

甘酒だけを目当てに初詣へ
行く人はいないと思いますが

あくまでも初詣のおまけとして
考えておきましょう。

スポンサードリンク

甘酒は運転する人が飲んでも大丈夫?

甘いけど酒の文字が入っている甘酒。
運転する人が飲んでも大丈夫でしょうか?
 

~甘酒にアルコールはある?~
甘酒のアルコール分は1%未満なので
酒では無く通常の飲み物扱いになります。

酒粕を使用しているものであっても

沸騰させ5分以上煮込めば
アルコールが飛ぶので

運転する人が飲んでも大丈夫です。

ただし全くなし、ゼロでは無いので
アルコールに弱い人であれば

万が一を考えて避けた方がよいでしょう。


スポンサードリンク

なぜ初詣に甘酒?理由はある?

なぜ初詣に甘酒が
振る舞われるのでしょうか?

理由はあるのでしょうか?
 

~なぜ甘酒?~
一年間の邪気を払い長寿を願う
お屠蘇という風習があります。

本来では日本酒などを飲みますが

お酒が飲めない運転している人や
子供さん、アルコールが苦手な人でも

お屠蘇ができるようにという配慮のために
甘酒が振る舞われているようです。

スポンサードリンク

まとめ

初詣の甘酒は神社によって
振る舞われる日にちが変わってきます。

長く振る舞うところでも1月3日まで。

1月1日だけのところや
甘酒が無い神社もあります。

酒の文字が付いていますが
アルコール分は1%未満なので

運転する人が飲んでも大丈夫です。

初詣の甘酒は酒が飲めない人でも

お屠蘇ができるようにという
配慮になっています。

-初詣
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初詣のおみくじ引き直しはできる?凶が出た場合はどうする?

「よくない結果が出たらどうしよう・・・」 年の初めにやることと言えば初詣。 初詣で毎年おみくじを引く。 という人も多いのではないでしょうか? そんなおみくじですがよい結果であれば そのままでもいいです …

初詣にペアルックを着ていくのは恥ずかしい?

「ペアルックで初詣!」 今年の初詣はペアルックで行こうと考え中。 しかし初詣の服装でペアルックは 冷静に考えてみたら目立ちそう・・・ 参拝客も多いしやっぱり ペアルックで行くのは恥ずかしいかな? ・・ …

初詣のおみくじを木に結ぶ意味は?破れてしまったらどうする?

初詣へ行くと結ばれたおみくじを 見かけることがありますよね。 結ばれたおみくじは凄い数に なっていることもあります。 熱心に結んでいる人もいますが おみくじを木に結ぶ行為。 これには何か意味があるので …

初詣の屋台はいつまでやってる?どんなものが売ってる?

「たまには屋台に行きたいなー」 お祭り以外で屋台が出店する 機会がある行事と言えば初詣。 様々の屋台が神社の周辺に並び 毎年賑わいを見せていますよねー しかし初詣の屋台って いつまでやってるものなので …

初詣のお賽銭1円玉だけでは失礼?もっと入れるべき?

「初詣のお賽銭で1円玉だけは失礼?」 お正月にやることの1つ初詣。 今現在でもする人が多い 風習になっています。 そんな初詣ですがお賽銭に 入れる金額で1円玉だけというのは さすがに失礼なのでしょうか …

サイト内検索バー