年賀状

年賀状だけのやり取りをする人間関係は続けていくべき?

投稿日:

「もう贈らなくてもいいかな?」

年賀状だけのやり取りだけで
終わっている人間関係ってありませんか?

年賀状には「ご飯でも食べようぜ」
と、書いておきながら

いざ連絡してみると「忙しいから」と言われ
1年間ずっと連絡無しなんてことも。

ですがせっかく作ってきた人間関係。
完全に無くしてしまうのも悪いから

毎年年賀状だけのやり取りは
してしまう・・・

このような状況になった場合
続けて行った方がよいのでしょうか?

それとも関係を切るべきなのでしょうか?

  

関連コンテンツ

年賀状だけのやり取りをする人間関係は続けていくべき?

年賀状だけのやり取りをする人間関係。
続けていくべきでしょうか?
 

~年賀状だけの関係は続ける?~
関係を続けたいと思う人間であれば
自然と会う機会を作ったり

相手の方から誘ってくることが多いです。

こちら側から誘っているにも関わらず
断り続けている状況を考えると

向こうも義理で付き合っている
という部分が大きかったり

「もうやり取りをやめたい」と
言い出しにくく感じている可能性が高いです。

年賀状を出すのもタダでは無いですし
準備するのも手間になります。

全く会わない年賀状だけの人間関係であれば
無理に続ける必要無いでしょう。

やめてしまって失礼になることは無いです。

スポンサードリンク

やめたいと思っても相手から贈ってくる場合はどうする?

こちら側はやめたいと思っていても
相手から年賀状が贈られてくる場合

どのように対応したらよいでしょうか?
 

~関係をやめたい相手からの年賀状~
関係をやめたい相手に対して
何も贈らなければ

やがて自然と相手も贈らなくなります。

よほど空気が読めない人間で無い限りは
相手から年賀状が来なくなると

「相手が年賀状のやり取りをやめたいんだ」
と、自然に察するようになります。

「やめたいなら返信しない。」
これを心掛けていきましょう。

「年賀状をやめたいです」という手紙を
わざわざ贈る必要はありません。


スポンサードリンク

年賀状は誰に出すべき?

~年賀状を出す相手~
最近ではメールやSNSなど
連絡手段が豊富になってきました。

電話をわざわざしなくても
話ができる時代になっているので

年賀状は無理に出す必要は無いでしょう。

ですが古くから伝わる風習ということで
続けたいと思う人もいます。

今でも付き合いがある人であれば
年賀状を出してみるのもよいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

こちら側から会う連絡をしても断られ
向こう側からも全く誘いが無い状況で

年賀状だけのやり取りを続けているなら
無理に関係を続ける必要は無く

やめてしまって失礼になる
ということもありません。

関係をやめたい相手から年賀状が届く場合は
こちらが年賀状を贈らないようすると

自然と相手も贈らなくなります。
「義理で贈っているなら年賀状をやめる」

これからより良い生活を過ごすためにも
しっかり実行していきましょう。

-年賀状
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

年賀状送っていない人からきた場合は返信するべき?

「あ、この人に年賀状送ってないなあ」 新年が始まってポストにきている 年賀状を見てみると 自分が送っていない人から年賀状が届いていた。 こんな時は年賀状を返信するべきでしょうか? 別に返さなくてもよい …

年賀状の書き損じはどうしたらいい?再利用する方法はある?

「あっ、間違えたなあ・・・」 年賀状を書いていると やってしまうのが書き損じ。 年賀状を作成をしていると 誰でも一度は経験したことが あるのではないでしょうか? 書き損じてしまった年賀状って どうした …

年賀状は手書きと印刷どちらがよい?印象がよくなる方はどっち?

日が落ちるのが早くなり 寒くなるとそろそろ準備しないとなー と、思ってくるのが年賀状。 毎年恒例の行事になっていますね。 年賀状作成で悩みがちになるのは 手書きで書くか?お店で印刷を頼むか? というこ …

お年玉付き年賀はがき交換期限はいつまで?

番号が一致すると賞品と交換可能な お年玉付き年賀はがき。 年賀状のささやかな楽しみとして チェックしている人も多いです。 そんなお年玉付き年賀はがきですが 交換期限はいつまでなのでしょうか? 当たって …

年賀状の捨て方はどうしてる?そのまま燃えるゴミで大丈夫?

「年賀状って燃えるゴミでも大丈夫?」 新年の挨拶が書かれ 毎年送られてくる年賀状。 イラストや写真が載っている 凝った年賀状も多いですよねー ちょっと捨てにくい年賀状ですが 部屋掃除の為にも捨てること …

サイト内検索バー